黒人風俗嬢と初体験

頼りになるという思いがある

風俗は頼りになるなって。快感とか満足とかプライドが満たせるとかよりも、頼りになるっていう気持ちが結構強いんですよね(笑)だって必ずと言っても良い程に満足出来るじゃないですか。何か面白いことがないかなとか、たまには刺激的な時間を過ごしたいなって思った時、世の中にはいろいろな選択肢があるとは思いますけど、どれも自分に合うかどうかと言うのは未知数な部分もあるじゃないですか。お金と時間を消費する以上、それらが本当に良いものなのかどうかは分からないけど、でも無駄にはしたくないって気持ちがあるのも事実なんですよね。でも風俗なら楽しいのが分かっているので、何かしらの非日常を楽しみたいなって思った時、何よりも頼りになるんですよ。だって遊んでおけばとりあえず満足出来るのは間違いないと言っても過言ではないことを考えたら、やっぱり風俗って本当に頼りがいのあるものだよなって言う気持ちが強まるのも、ある意味道理なのかなって。

是非会いたいって思ったパイパン風俗嬢

パイパンだからということじゃなく、美人だなって思ったので指名しました。風俗で遊ぶ時の女の子選びの基準として、自分でもどういったタイプが好きなのかはよく分からないんですよね。ただ、自分の気持ちが急に高まるというか、「この風俗嬢と遊びたい」って思う子がいるんです。そんな子は指名するようにしていますが、彼女も理屈までは分かりませんけど是非とも会いたいなって気持ちになったので指名させてもらいました。実際とっても良かったです。パイパンだからというのはホームページを見た印象ですけど、パイパン云々を抜きにしてとっても頑張ってくれるし、それにずっと眉間にしわを寄せて感じている表情をしていただけでも顔所を指名して良かったなって。そう思えるだけも、自分の中で彼女を指名して良かったなって思っていますし、またいずれ、寛恕所との時間をという気持ちにもなっています。つまりは大きな満足感を得たって言ってよいプレイだったってことです。