黒人風俗嬢と初体験

自由だからこそ悩むのが楽しい

毎回悩んでいます。だってあれだけ選択肢があるんです。簡単にどの風俗にするのかを決められるわけがないじゃないですか(笑)むしろそうやって女の子やお店、ジャンルなどで悩んでいるのも楽しいんですよね。他のサービスの場合は悩むのは結論を導くためのものですけど、風俗に関しては悩みもまた、それはそれで楽しいものなんじゃないのかなって思うんですよ。だって悩むということは、それなりに頭の中で考える訳じゃないですか。考えているだけでも男として興奮してくるのはありますし、じゃあ他にどういったことを楽しもうかなとか、何をするのが一番なのかなとか遊ぶ前の段階でいろいろなことを考えられるのもまた、ある意味では風俗の楽しさだと思いますので、悩みつつも楽しませてもらっています。むしろそれが大きな魅力というか、風俗だけでしか味わうことが出来ない魅力そのものなんじゃないのかなって思いもあるので、割と重要なことなんじゃないのかなって。

人妻なのにという衝撃

パイパン風俗嬢は珍しくありませんし、割と良く相手をしています。だからそこまで慣れていない訳でもなく、それなりに免疫が付いているとは思うんですけどまさか人妻がパイパンだとは思いませんでした。この前遊んだ人妻風俗嬢がパイパンだったんですよ。さすがにこれには驚かされました。パイパンって若い女の子の間で流行っているというイメージだったんです。それは風俗だけじゃなく、全体的に。だからその波は人妻にまでは到達していないだろうって思っていたんですけどそんなことはありませんでしたね。むしろ人妻のパイパン、かなり衝撃的でした。「人妻がパイパン」という事実に驚かされたというか、まさかって思うじゃないですか。若い体とパイパンはそこまで違和感がないんですけど、人妻の体とパイパンというのは自然ではないんです。でも、それが逆にこちらの興奮を誘ったのかもしれません。だからか、いつも以上に興奮させられたかなって思いましたね。