黒人風俗嬢と初体験

どっちにしろ風俗がいいんです

選択肢は多いですけど、いろいろとあると言うことは分かっていますけど個人的にはやっぱり風俗ですよね。確かに女の子と遊べるサービスと言うのは数知れずあるんです。だから何にするのかってことで悩むのも良く分かるし、いろいろなことにチャレンジしたいなって思うのもまた、それはそれで当たり前と言うかよく分かる話ではありますよね。でも、自分には何だかんだで風俗が一番だよなってことに気付いたんです。特になにがあるでもなく、自分が盛り上がっている訳ではないとしても風俗嬢はちゃんと性的な満足をもたらしてくれるんです。それは間違いないんです。それなら風俗でいいんじゃないですかね(笑)自分の気持ちを盛り上げ、さらにはお金も時間も使ってようやく話を楽しめる程度のものよりも、何をするでもなく満足をもたらしてくれる風俗の方がやっぱり素晴らしいんじゃないのかなっていう気持ちはありますので、風俗を楽しんでおけば間違いないんじゃないかなって。

反応が無い方が返ってリアル化も

感度の良い風俗嬢は誰もが好きだと思うんですけど、逆に前回のように全然反応してくれない風俗嬢は、ある意味でとってもリアルだなって思いました。感じてくれないというよりも、厳密には恥ずかしがっていたらしく、実際その言葉を証明するかのように、彼女は声に出したり体が反応すると言ったことはなかったんですけど、しっかり濡れていたんですよね。ということは、感じたということを表に出していないってだけなんでしょう。そう思ったらかえって燃えました。反応をしてくれない風俗嬢だなって序盤は思いましたよ、正直(苦笑)でも、反応が無い割には濡れているってことが判明してからは、これはもっともっと攻め立てようって気持ちになりました。むしろこれこそ彼女の個性と言っても良いんじゃないかなって思って、あまり反応しない彼女をガンガン攻めていると、最後の方は少しだけ声が漏れてきたので、彼女との勝負は自分の勝利ということで良いんじゃないかなと。