黒人風俗嬢と初体験

デリヘルのホームページを見ると…

デリヘルのホームページを見るととにかく驚かされます。それは女の子のレベルの高さ、層の厚さにです。誰か一人だけが突出している訳じゃないんですよね。とにかく全体的にレベルが高いです。だからその中から一人だけ選べって言われてもかなり難しいんですよ(笑)風俗って相手の女の子の存在がとても大きいと思うんです。どの風俗嬢にするのかによって、どんな満足が待っているのか変わるんです。真剣に選ぶのは当たり前だと思うんですけど、それを差し引いたとしてもちょっとレベルが高すぎるんじゃないのかなっていうのが自分の嘘偽りのない気持ちなんですよ(笑)だから使い勝手だとか利便性ではなく、レベルの高い女の子と遊びたいからデリヘルで遊んでいるんです。使い勝手なんて言わば二の次というか、レベルの高い女の子が待っているからこそデリヘルで遊んでおけてば間違いないかなって。そう思えるくらい、今のデリヘルは本当にレベルが高くなっていますね。

あの気持ちは自分でも興奮しましたよ…

あれだけドキドキした風俗は記憶にありません。つまり、精神的な気持ちだけで言えばこれまでとは比べ物にならない程のものだったということですが、その理由は相手の存在ですね。彼女、同じマンションに住む女の子だったんです。いつも同じ時間にマンジョンを出るので仲良しになったというか、まぁかれこれ何年もそんな生活をしていたんです。彼女が学生時代から見ていたので、ちょっとした父親気分ですよね(笑)だから同じマンションではありますけど、時々話す関係。そんな彼女と風俗でばったりと会ってしまったんですよ。顔出しNGの子だったので、まさかその彼女だなんて夢にも思いませんでした。こうした風俗での偶然って第三者として他人の体験を呼んでいる分には面白いですけど、当事者となるとかなり緊張するし気まずい思いもあるしでいろいろと刺激的だったんじゃないのかなって(苦笑)とにかく自分でも驚きとしか言えませんでしたけど、興奮したのも事実です。